定期的なリフォーム

耐震補強リフォームに関して

room

戸建ての住宅は建てたらそれでお終い、というわけにはいきません。住宅も経年劣化によって様々な場所が痛んでくるので、定期的に補修するリフォーム工事が必要となります。一般的には20年に一回程度リフォーム工事をすることが望ましいといわれています。 こうした経年劣化による老朽化した住宅の補修という以外にも、ここ数年リフォーム工事において主流となっている工事は、住宅の耐震補強工事です。 近年各地において大地震の発生が心配されており、また東日本大震災やそれに伴う余震などによって一般の人にとっても地震対策への関心は高まっています。 そうした流れによって、耐震補強リフォームが注目されています。 一般的な耐震補強リフォームは柱の間を筋交いを渡して補強したり、屋根の瓦を下ろしてガルバリウムやアスファルトシングルなど軽い屋根材にしたりします。

耐震補強に集まる人気

耐震補強リフォームに人気が集まっているのは、様々な要因によるものです。一番には昨今の一般国民における、防災意識の高まりです。きっかけの一つとして東日本大震災はありますが、それ以前から地震研究の発展によって大都市などで大地震の発生が心配されており、住宅における耐震強度への関心は高まっていました。 また耐震基準は年々厳しくなっており、新しく建てられる住宅においては基本的に耐震性を考慮して建築されていますが、それ以前に建築された住宅は耐震性を考慮していない建築も多いです。そうしたことから老朽化に伴う住宅リフォームのついでに、耐震補強リフォームも行うことが多くみられます。 最近では状況に合わせた新しい工法も様々に誕生しており、また自治体によって助成金なども出ることから工事を行いやすい環境が整っていることも要因です。